女性の恋愛対象サイン:女性の好意はわかりずらい!?気づくための3つのポイント

スポンサーリンク

<クリックの応援よろしくお願いします>

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ

女性 恋愛対象 サイン・女性の恋愛心理
・両想いになりたい!付き合いたい!
でも、相手が好きになってるのか、わからない

・俺のこと好きなのかな?告白しても大丈夫?

この悩み解決します。

婚活サイトやマッチングアプリで出会い、両想いになれるかがすごく気になりますよね。

早く付き合いたいと思い焦って告白してしまう男性も少なくありません。

でも、焦って告白して断られる人も非常に多いです。というか・・・焦って告白は上手く行きません。

 

相手の女性があなたのことを好きになってくれれば、告白をしても上手く行きます。

そのためには、女性が好意を寄せているときに見せる『サイン』を見落とさないことが必要になります。

今回の記事を読むとわかること
・わかりづらい女性が見せる好意のサインがわかる
・好きという気持ちを女性に感じさせ、意識させる方法がわかる

男性と女性で「両想いだ」と気付く相手の行動が違うのを知っていますか?

女性が両想いになった時に出すサインは男性と異なるということです。

これに気が付かないと、女性は「私に興味がない」と判断してしまい、気持ちが冷めてしまいます。

 

また、女性が両想いだと気づく行動をあなたがすることで

私のこと好きなのかな?

と思わせることができ、あなたの好意を行動だけで伝えることができるようになります。

女性が出す「両想いサイン」を見落とさないように具体的に教えます。

さらに、女性に対して好意を伝え「気になる存在」になる方法にもつながることなので、最後まで読んでください。

スポンサーリンク

男女で違う「両想い」と確信する相手の行動

女性 恋愛対象 サイン

あちこ
あちこ

こんばんは、婚活コンサルブロガーのあちこ(@achi102jp)です。

ツイッターのフォロー、よろしくお願いします。

あなたが好きな女性と出会い、まずいちばんに願うことは何ですか?

それは「両想い」になることではないでしょうか?

片思いの恋愛も楽しいものですが、その反面、苦しいことも多くあります。

気持ちが伝えられない苦しさや相手の気持ちがわからない苦しさもあります。

片思いだけで満足できるはずかありませんよね。

女性の出す「両想い」サインを知ることで、タイミングを逃すことなく、婚活・恋活を成功させることができます!

 

男性と女性とで、「両想い」だと気づくタイミングが異なります。

女性が「両想い」と思うタイミングを知り、女性に対してのあなたの行動で女性に両想いだと思わせることもできるのです。

まずは男性が「両想い」だと思うタイミングを考えてみましょう。

男性が「両想い」だと気づく相手の行動

目が合い、見つめあう時間が多くなっている

目が合うということは、相手の女性もあなたの目を見ているということです。

さらに、あなたが相手の女性を見たときに、女性と目が合うということは、あなたのことを見ているから目が合います。

好意を寄せていない男性を見ているということはない。

ということから、男性は「両想い」と思うのです。

一緒にいるときにいつも「笑っている」

相手の女性が、自分と一緒にいるときは笑顔でいてくれたら両想いだと感じます。

一緒にいて笑ってくれているということは、一緒にいることが楽しいと感じてくれているから。

楽しくない相手と一緒に過ごしたくないと思ったら「笑顔」でいることは少なくなります。

このようなことから男性は「両想い」と感じるのです。

手を握っても嫌がらない

スキンシップは男性にとって「特別なこと」と感じる人は多いはずです。

手を握るという行為は、カップルだからこそできるアクションの一つ

この行為を女性が嫌がらないということは、好きだと思ってくれていると感じる男性は多いでしょう。

女性が「両想い」だと気づく男性の行動

女性 恋愛対象 サイン

男性が「両想い」と確信する相手の女性の行動は

「目が合う」
「笑顔」
「スキンシップ」

男性の場合は非常に単純です。

目を合わせて笑顔で話しかけてきて、ボディータッチをしてくる女性は意外と多いですよね。

だから「勘違い」が生じるのです。(笑)

 

女性の場合は、男性ほど単純ではありません。

女性が「両想い」と感じる男性の行動は

目が合うことが多い

男性は女性に比べ、目を見ることを恥ずかしがる人が多いです。

そんな男性と目が合う回数が多いということは、

『私に好意を寄せている』

と感じ、両想いと思う女性が多いようです。

男性が両想いと思う理由と同じように「目が合うことが多い」ということは「私を見ていることが多い」ということになり、両想いを確信しています。

そして、女性の「目が合う」というのは回数です。

目が合う回数が多ければ「両想い」だと感じるようになります。

注意してほしいのは、目が合っている時間ではないということです。

ジッと目を見て会話をしても「両想い」と思ってはくれません。

一緒にいて、笑顔になってくれている

男性が、私と一緒にいて笑顔で過ごしてくれていることに両想いを感じます。

私と一緒にいることで「笑顔」になってくれている

と思い、両想いだと思うのです。

男性の場合は単純に「笑っているか」ということで判断しますが、女性は「安心しているか」という精神面の部分を見ているのです。

ポイントは「笑う」ではなく、微笑むという点です。

会話によって笑うのではなく、一緒に居るときに微笑んで「笑顔」で過ごしていることが重要です。

毎日連絡をしてくれる

男性は、毎日連絡をすることを「めんどくさい」と考える人が多いです。

こまめに連絡をしてくれる男性に対して
「私に好意を持ってくれている」と感じるのは当たり前のこと。

「めんどくさい」と感じるはずのこまめな連絡を、私のためにしてくれていると感じることで、”両想い”を確信しているのです。

 

女性の場合、何気ない相手の態度から”両想い”を感じることが多い。

男性の場合は、「目が合う」だけではなく「見つめあう」ことも入ってきます。
笑顔でいるというより、自分の会話で笑ってくれているということが大切です。
また、スキンシップという直接的な行動で”両想い”を確信します。

それに比べ、

女性の場合は
「目が合う回数」
「笑顔でいてくれる」
「連絡がくる」
という普段の生活の中で、何気ない態度から”両想い”を感じるということです。

男女の”両想い”を感じるポイントの違いからわかること

女性 恋愛対象 サイン

女性が男性にアプローチする場合は、わかりやすい態度で積極的にアピールすれば「両想い」だと思わせることができます。

男性は単純ということですね^^;

 

逆に、女性の場合は、さりげない日常のことから男性の好意を読み取ります。

極端な言い方をすれば

『空気感』

で女性は男性の好意に気付くのです。

つまり、男性が女性にアプローチする場合、積極的に行きすぎてしまったら女性は引いてしまうということです。

ガツガツ感を嫌がる女性が多いのはこのためです。

あなたが、女性に対して「好意」を伝えたい場合は

●アイコンタクト(目が合う回数を意識する)こと
●笑顔でいること
●会っていないときこそ、こまめな連絡を入れること

が大切なんです。

間違ってもガツガツ感を出して「俺のこと、どう思っている?」と聞き出したり「他に気になるヤツ、いるの?」なんて聞いたら絶対にダメです。

 

女性が出している「好意」を感じることも重要です。

女性の出している”両想い”サインを見逃さないように注意してください。

・目が合う回数が多い

・一緒にいるときに笑顔でいることが多い

・連絡がマメ。(または、あなたにマメな連絡を望んでいる)

【まとめ】女性の何気ない”両想い”サインを知りアプローチする

相手の女性を想い両想いになるために努力することは素敵なことです。

両想いを確信できたときの喜びや幸せな気持ちは楽しいですし、ワクワクして、ドキドキします。

その幸せのためにあなたは自分磨きなど、相手の女性に好かれるための様々な努力をしていくことでしょう。

相手が出している何気ない”両想い”サインを見逃してしまい、ガツガツ感を出してアプローチしてしまっては、せっかくの努力が無駄になる可能性もあります。

あなたの「好意」を伝えるためには、積極的に行くのではなく普段の生活の中でさりげない行動から「好意」が伝わるように考えてください。

そして、女性の出しているさりげない”両想い”サインを見逃さずにアプローチしてくださいね。

最高に楽しくてワクワク、ドキドキする瞬間を想像して、ポジティブに行動してください。

 

相手の女性がまだ両想いサインを出していないと感じたら・・・

好きになってもらえばいいだけのことです。

好きな女性に好きになってもらう方法はコチラの記事に詳しく書いてあります。

少し長い記事になりますが、女性心理を考えた「好きになってもらう方法」を惜しみなく書いています。

あちこ
あちこ

あなたは婚活をしていて悩んでいませんか?

 

女性とのコミュニケーションの取り方がわからない。
会ってからどうしたらいいのかわからなくて不安。
女性に好きになってもらうにはどうしたらいいの?

など、恋愛や婚活での悩みに私がお答えします。

こちらのお問い合わせページからメールしてください。
【お問い合わせ】ページはこちら

48時間以内にかならずお返事します!

コメント